『春分ハンバーガー算数』(ゴールドバッハ予想と双子素数予想について)

  • 公開日時: 2017/03/19 01:47
  • 閲覧数: 124
  • コメント数: 1
  • カテゴリ: 研究・考察

『春分ハンバーガー算数』

(ゴールドバッハ予想と双子素数予想について)

 

自然数X、Y,Z、W,奇素数P、Qとすると、

2X+1=P-2Z≦P

2Y-1=Q+2W≧Qのとき、

|P+Q|=|(2X+1-2W)+(2Y-1+2Z)|=2n

|P-Q|=|(2X+1+2W)-(2Y-1-2Z)|=2n

2X+1±2Wと2Y-1±2Zはすべての奇数である。

|P+Q|=2n≧6

|P-Q|=2n≧0である。

 

2X+1=P-2Z≦P

2Y-1=Q+2W≧Qのとき、

2X+1±2Wと2Y-1±2Zはすべての奇数である。

|(2X+1+2W)-(2Y-1-2Z)|=2ならば、

|P-Q|=2である。

 

ゴールドバッハ予想と双子素数予想は正しい予想である。

数式の一般性によって無限と考える。

2017・4・1   天井一画   ⓒ

(「任意の自然数nに対して、n<P<2nを満たす素数Pが存在する」)

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

全件表示

No メッセージ 投稿者 日時    
1
これは素数の公式がない証明の試行錯誤です。
皆さんのご一考とご意見とご指導の程をよろしくお願いいたします。
蛇足(P±Q=2nは中間のnが自然数であるなら良いのでは?と思うのです。)
天井一画 さん 2017/03/19 01:54:51 報告