極限の良問

  • 公開日時: 2010/12/01 21:42
  • 閲覧数: 3231
  • コメント数: 3
  • カテゴリ: 入試・教育

このコンテンツをご覧いただくためにはJavaScriptをONにし、最新のFlash Playerが必要です。

最新のFlash Playerのインストールはこちら

公序良俗に反する不適切な投稿を発見された方はこちらよりご報告ください

この投稿にフォローする

コメントをつけるにはログインが必要です。

最新10件表示

No メッセージ 投稿者 日時    
1
Tokyo University entrance exam/Humanities 1961

At the present, few applicants for Science would solve it, even if Tokyo University's applicants.
近谷 邦彦 さん 2010/12/01 22:02:50 報告
2
昔の東大の問題ですか!しかも文系の……。
知りませんでした。m(_ _)m
1961年の問題は、さすがにこのサイトにも載ってませんね…。

しかし、今の東大受験生(理系)であれば、このくらいお茶の子さいさいでは?
アンドロメダ さん 2010/12/01 22:25:40 報告
3

さっき書いた解答に致命的な欠陥が見つかったので消しました。
修正できしだい(できないかも)また書きます。
butterfly さん 2010/12/30 22:05:47 報告
\documentclass[fleqn,12pt]{jsarticle} \setlength{\topmargin}{-2cm} \setlength{\mathindent}{3zw} \usepackage{amsmath} \begin{document} 極限のちょっとした問題を見つけました。 受験生の皆さん考えてみましょう。 \ 問題 曲線 $ y = \sqrt{1 + x^{2}} $ 上に 3 点 P$,$ A$,$ Q がある. \\ P$,$ A$,$ Q の $x$ 座標は,それぞれ $a-h$, $a$, $a+h$ である.(ただし、$h>0$とする) \\ 直線 $x=a$ と直線PQの交点をBとし,線分ABの長さを$\ell$とする. \\ $\displaystyle \lim_{h \to +0} \frac{\ell}{h^{2}} $ を $a$ で表せ. \end{document}