33846 さんがコメントした問題詳細

33846 さんがコメントした問題の一覧です。
最初  <  1 3 4 5 6 7 8 9 10 11    最後
閲覧 問題タイトル コメント 日付
閲覧 円周率ってどうやって求めるの? 別の考察をここに書いてみたのですが、うまく表示されなかったので(何故???)フォローの方に載せていただきました。
2009/06/05 21:09
閲覧 ”挑戦状”ってほど大げさな 以下略 解答 ドンキーさん、フォローありがとうございます。
順序のみに注目して考えています。

結局、そんな時間は無いのか!っていうところが、
投稿してみようと思ったきっかけです。
2009/06/09 02:19
閲覧 Re:長年の疑問 平賀先生、ありがとうございました。
スッキリと理解できました。
このように考えればよかったのですね。
感激です!

(グラフについては、前にロジスティック写像で
 遊んだ事があったのですんなりと理解できました。)
2009/06/10 21:04
閲覧 [問題]コマネチ大学数学科 ラマヌジャン 例のラマヌジャンが連分数で求めたってやつですね。
どうやったらああいう発想が生まれるのでしょうか???
2009/06/18 12:16
閲覧 Re:Re:球の表面積(その2)見... 早速のお返事ありがとうございます。
結局積分区間の問題なのかと思って積分区間を曲線上にもってきました。
自分の考えが間違っていないことをご指摘くださりありがとうございました。感謝です。

円に近いはあくまで私のイメージです。
輪切りにして上から押すと円になるような・・・
そんなイメージで積分すると、円の面積を求めているような感覚を
覚えたのでそう書いただけです。あまり気にしないで下さい。
2009/06/22 16:42
閲覧 3の倍数の求め方 [式:…] のように3連続の積に表すことができれば、
3連続数のうちの1つは必ず3の倍数が含まれますから
3の倍数になりますね。
また3連続数には、必ず偶数が含まれるため
厳密に言うと、6の倍数になります。
2009/07/02 07:29
閲覧 京都大学 前期理系 2006年度 問1 解答の3行目は
[式:…]
ではなくて
[式:…]
ですね。
2009/07/02 08:47
閲覧 京都大学 前期理系 2006年度 問1 なるほど!対偶を考えればよかったのですね。
納得しました。ありがとうございました。
2009/07/02 10:05
閲覧 Re:数学的ブラックジョーク(タイ... 実は、私は墓穴を掘った口です(TT) 2009/07/06 07:55
閲覧 Re:Re:冪零行列 (こんな解答... いつもわかりやすい説明ありがとうございます。
参考になりました!
2009/07/14 16:32
閲覧 Re:Re:Re:冪零行列 (こん... ドンキー先生、平賀先生
答案に添削をしていただいたような感じになってしまいまして,
感謝してます。

ゼロ行列は [式:…] ですね.昔、原点はきちんと [式:…] と書くように注意されたことを思い出しました。

ドンキー先生の標準解は,とてもすっきりしていて参考になります。
平賀先生のウンチクについても,大変興味深い内容で考えてみようと思います。
2009/07/16 09:42
閲覧 Re:Re:Re:A=Bを示す際に・・・ 確かに同値の意味がわかっていないのかもしれませんね.
命題 [式:…]
[式:…] が'偽'ならば『命題』は'真'になります.
2009/07/17 07:24
閲覧 Re:自然対数の底に関する問題 もちろんこのやり方は高校の範囲を超えているので
受験問題の解答例としてはふさわしくないと思います。
高校生の範囲での方法で解くのが入試問題としては本筋でしょう。
2009/07/24 21:35
閲覧 絶対値のついた方程式・不等式の解法... まず①の場合分けを教えて、身に付いてきたときに
②のこんな方法もあるというように教えてみては?

①の方法で解き方を教えることと同時に
場合分けの範囲に含まれない [式:…] の値が出てきたときに
それが解ではないことを見落とさない注意力は必要だと思います。

定期考査などで実際に問題を解くときには②の方法のほうが
後で範囲を考えるので間違えにくいと思います。

2009/07/27 07:15
閲覧 折り紙で2次方程式を解く!(紹介)... 折り紙はおくが深いですね!
折り紙の最大の利点は
2つの点 [式:…],[式:…] と2直線 [式:…],[式:…] が与えられたときに,それぞれ焦点が [式:…],[式:…] で準線が [式:…],[式:…] である2つの放物線の共通接線を折ることができることだと思います。
つまり軸が平行でない放物線についての考察ができる
これが3次方程式を折り紙で解く鍵になります。
2009/08/10 23:20
閲覧 収束値 バーゼルの問題は難しいと思いますが
[式:…]
であれば,高校生の知識で解けます。
また級数の和は単調増加であることはほぼ自明なので
これにより収束することが証明できます。
2009/08/21 09:32
閲覧 【解答】Re:確率の問題(高校生ク... 問題を見ていてヤングの図形を思い浮かべました。 2009/09/10 12:30
閲覧 級数の定義 [式:…]

は数列の部分和といいます。

[式:…]

のとき,

[式:…]

を級数という。と書く方が正確だと思います。
2009/09/12 08:27
閲覧 図形のクイズ 答え
五面体になります。面は正三角形・ひし形・正方形です。
意外ときれいなので作ってみてください。
2009/09/30 12:35
閲覧 Re:中学校レベルの問題・3本の鉛筆 そのとおり!
3点が決まれば平面が一つ決まります。
平面と平面ぼ交わりは直線を作ります。
2009/10/08 07:22
最初  <  1 3 4 5 6 7 8 9 10 11    最後