近谷 邦彦 さんがコメントした問題詳細

近谷 邦彦 さんがコメントした問題の一覧です。
最初    1 3 5 6 7 8 9 ... 31 32    最後
閲覧 問題タイトル コメント 日付
閲覧 体積の求め方の質問 私も,東大文科の問題を想像していました。あとは, 東工大の楕円の準円とついでに出された問題です。いちおう, 調べてみました。こちらです。
http://www.artofproblemsolving.com/Forum/viewtopic.php?f=370&t=389310
おっと, 肝心なのを忘れてました。教科書の例題に普通にあるtorusですね。

ちょうど, タイムリーなことに今までの事に関する内容が見つかりました。こちらをご覧ください。Postナンバー 16, 17, 18です。尚, このなかでみられる私の偏見をご容赦ください。
http://www.artofproblemsolving.com/Forum/viewtopic.php?p=1004703#p1004703

2011/02/01 13:25
閲覧 2直線の交角 安田さん, 大分大の問題,ありがとうございます。
東大文科の198?の問題が頭に浮かびました。調べてみます。
2011/02/01 15:10
閲覧 区分求積(極限)質問 安田さんご指摘の問題はこちらですね。
http://www.artofproblemsolving.com/Forum/viewtopic.php?f=370&t=389804
区分求積法といえば, 群馬大が宝庫のようなので, 調べてみたいと思います。
2011/02/04 09:52
閲覧 海外数学問題サイト Sorry, I deleted this.

kunny
2011/02/04 10:19
閲覧 ある論理の問題 ヘンペルのからすのことでしょうか? 2011/02/07 00:45
閲覧 正17角形の角余弦 cos kθ*sin (θ/2) または cos kθ * cos (θ/2) を考えると, Telescoping Method が待ってます。
あるいは, 行列の回転でしょうか。

My Memo

正n角形

正五角形 慶応(法), 大阪教育大

新潟大 行列絡み

防衛大, 防衛医大?

複素数 北大 文系, 理系

複素数 香川医科大?

2π/13のcos, sin

積分 芝浦工大

医科歯科 正五角形

Telescoping Method 絡み 明治薬科大, 山口大?

早稲田 正7角形

2011/02/14 08:22
閲覧 ハイパボリック Hyperbolic Function のhyperbplic tangent につきましては, Kosambi's Genetic Map Function に実用されているという話を聞いたことがあります。その他の例として, 物理学において, 空気抵抗が速度の2乗に比例する場合の運動にもあったはずです。大学入試でも, 物理っぽい問題がかつてあったような気がします。

余談ですが, 慶應医学部でHyperbolic Functions に関する式の特性を利用しながらcatenary上を円が転がるときの円の中心の描く軌跡の長さ(弧長)を求めさせる問題があったかと思います。今年の入試でも, 立教大でHyperbolic sine, cosineが関数として与えられていました。

My Memo

双曲線関数の関数方程式に関する問題

専修大

あすなろ数学 関西学院大?
2011/02/15 14:42
閲覧 Re:ハイパボリック 教科書的には, 数Ⅲになりますが、eが1より大の定数を既知とすれば,
数学Ⅱの指数関数でも扱えますね。
2011/02/15 15:53
閲覧 数学オリンピック I apologize for deleting my posts.

You can see the problem of 2011 Japan Mathematical Olympiad Finals here. If you click the number of each problem, then you can see the discussion.

http://www.artofproblemsolving.com/Forum/resources.php?c=87&cid=55&year=2011&sid=6faa86b2835f20a871643db6d69a47fe
2011/02/18 01:19
閲覧 数学オリンピック Here is a solution.

http://www.artofproblemsolving.com/Forum/viewtopic.php?p=2179825#p2179825
2011/02/18 12:51
閲覧 情報求む! 赤本は, 出てないみたいですね。
こちらを参考にしてはいかがでしょうか?
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%B0%BE%E9%81%93%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96

同じような立場の方がかつておられたようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1322570473
2011/02/19 00:25
閲覧 ベン図(4つの円では このテーマを大数か数学セミナーで以前,見たことがあります。
教科書の例題にあるように, 直線による平面分割の個数の延長上の話であったかと記憶しております。

こちらも参考になりますね。

n^2-n+2=2^n

http://www.brynmawr.edu/math/people/anmyers/PAPERS/Venn.pdf


2011/02/19 15:07
閲覧 東大理系1 すばらしいideaだと思いますが, おそらく, K.O. さんの頭の中で, 必要十分的に明らかなのでしょうが, 個人的には, そう思いません。 2011/02/28 12:56
閲覧 妄言-事件によせて 個人的には, 起こるべくして起こった問題と敢えて, 言いたい。
修学旅行の宿舎で, 各部屋に金庫があるのと同様に, 試験会場にも、
設置するなり,前もって, このような危機に備えて対処できたはずだ。
監督者の怠慢といわれても, 弁解の余地はないだろう。もう, 少年A,
少女Aの時代は終焉にすべきだ。本当に, 残念な事件が起こったものだ。
このようなことは, 2度と繰り返してはならない。話は,変わるが, それにしても, 今年も, 当日の問題訂正があったようだが,一向になくならない。
大人の怠惰も問題ありそうだ。人間のつくった科学兵器(ハイテク)が, 人間を裏切るとはなんとも皮肉な話だ。
2011/03/05 04:42
閲覧 余剰の定理 x^2 と x^{2011} が逆ですね。~_~

実際の,答案の途中経過を見せていただけませんでしょうか?
2011/03/06 19:05
閲覧 余剰の定理 Thank you for the quick reply.

[式:…]は,方程式ですか or 恒等式ですか?
2011/03/06 19:27
閲覧 余剰の定理 残念ながら, これは, 恒等式です。 2011/03/06 19:36
閲覧 余剰の定理 割られる式=割る式*商+余りが(つねに)成り立つからです。 2011/03/06 19:47
閲覧 余剰の定理 You are welcome! ^_^

別解があります。

1.[式:…]とおいて, 問題を書きかえる。

2. [式:…][式:…]で割ったときの余りを利用する。

が, ありますがちょっと難しいかな。
2011/03/06 19:53
閲覧 余剰の定理 Mayo さん,剰余の定理ね。
Everyone makes sometimes mistakes.
2011/03/06 20:54
最初    1 3 5 6 7 8 9 ... 31 32    最後